はこだ鍼灸整骨院のブログ

周りのお店紹介、日記等、健康法等、気ままに更新します。

関節症の予防法

2014年1月15日 09:11:50 | カテゴリ: 健康情報, 豆知識

 

交通事故後の治療、保険治療取扱い、鍼灸治療 広島県福山市三吉町3-5-22 084-926-5722 hakoda.ss@gmail.com

ランキング参加中! 福山情報●ここをクリックお願いします!!にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

●セルライト除去、むくみ、冷え性改善・ノンセル治療

●院へのアクセス ●第二駐車場へ ●事故にあわれたら ●保険の相談はこちら

●交通事故の相談はこちら

 

関節痛の原因は、おもに日常生活での活動の仕方が大きな関わりを持っています。

動かすと膝が痛くなり動かさなくる、それによってまったく動かさなくなり、さらに痛くなるといった悪循環に陥らないよう、次のようなことに心がけると良いそうですよφ(..)メモメモ

 

 

関節を動かさずにいると、まわりの筋肉が衰えて動きが悪くなり(可動域がせまくなる)、痛みも起こりやすくなります。

いつまでも元気で動くことができるよう、常日頃から適度な運動を心がけ、膝のまわりの筋肉を鍛えておきましょうね。

また、せっかく鍛えた筋肉が固まってしまわないよう、簡単なストレッチや、定期的な水中ウォーキングなどの有酸素運動もオススメだそうですヽ(^。^)ノ

 

 

関節を痛みから守りたい場合は、普段の生活の中で負担をかけないよう心がけることが重要で、、、

まず、関節を冷やさないことが大切です。

 

関節を冷やすと、周囲の筋肉や腱がこわばって固くなったり、血行が悪くなったりすることで、筋肉疲労が起こってしまうので関節は冷やさないよう、温めるように心がけましょう。

関節を温める方法も、日々の入浴で温めたり、温める効果のあるサポーターなどを利用するのも効果的です。

なお、関節が炎症を起こして腫れているときには、温めずに冷やして熱を冷ますようにしましょう(^^♪

 
その他にも、関節に負担がかかる動作を避ける

急激な動作や無理のある姿勢は関節に負担をかけてしまいます。膝の場合は、突然立ち上がったり、歩いている途中に急停止したりと、負担のかかる動作をしないようにしましょう。

あと、床に座るときも焦らずゆっくりと座ったり、床に座るよりもイスを利用した方が膝への負担を抑えられますので、このことかも普段の生活上での動作をすこし気を付けてみると良いかもしれませんね(*^_^*)

 

 

関節症の予防法 はコメントを受け付けていません。