はこだ鍼灸整骨院のブログ

周りのお店紹介、日記等、健康法等、気ままに更新します。

災害時の避難場所  福山市三吉町 しののめ町内会

2014年6月26日 11:22:40 | カテゴリ: ニュース

ご要望、ご感想を宜しくお願いします。
⇊    ⇊

ランキング参加中! 福山情報●ここをクリックお願いします!!にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

交通事故後の治療、保険治療取扱い、鍼灸治療
広島県福山市三吉町3-5-22
084-926-5722
hakoda.ss@gmail.com

●セルライト除去、むくみ、冷え性改善・ノンセル治療

●院へのアクセス
●第二駐車場へ
●事故に遭われたら
●交通事故の相談はこちら

 ご存知ですか!!

東雲町内会 災害時の避難場所を、、、

・北部保育所跡地

・ひまわり駐車場

災害はいつ襲ってくるかもしれません!!

 

『自分の身は自分で守る』

1.火の始末をする。

2.ガラスに注意。(靴を履いて行動)

3.非常時持ち出し品の確認。

 

『町内全員、ボランティア人』

人、自然と共に生きています。

自然も時には、牙をむきます。恐ろしく、、、、

人間、自然に逆らっては生きていけません。

 

『自然に、感謝の心を。』

災害は必ずやってきます。心の準備を、、、、

いつも心に、青春を若さを!!

 

災害時の避難場所  福山市三吉町 しののめ町内会 はコメントを受け付けていません。

捻挫 対処法

2014年6月25日 09:43:18 | カテゴリ: 健康情報

捻挫とは、関節に動かせる限界範囲以上の負担がかかったときに起こる外傷のことで、捻挫をしてしまった時の対処法としては、安静にし、痛めてしまった場所を冷やし、痛めたところをあまり動かさない様にするためにしっかり固定、あと痛いところの炎症がひどくならないように心臓より高い位置にあげることが大切です(゜-゜)

 

急性捻挫の応急処置の基本としては、、、

・安静

ケガを治す治療をどれだけ行ったとしても治すのは自分自身の体です。
どんなに最新治療を行ってもシッカリと休息をとって、痛めたところに負担をかけないようにして回復しやすい環境を整えてあげなければ治るものも治りません\(~o~)/

すぐに動きたくなるのはわかりますが、まずは、安静を心がけてみてください。

 

・アイシング(冷却)

捻挫をして腫れが出ると「ズキズキ」した痛みが出てきます。

炎症を起こすと痛めたところには、疼痛(鋭い痛み)・腫脹(腫れ)・発赤(赤くはれ上がる。熱感)・機能障害(痛みで動かない)が起こります。

 

炎症がある場合は、48時間は冷却を行います。

 

治療方法ですが、48時間ぶっ続けで冷やすのではなく長くても、大体30分~1時間程度冷やします。

 

その後2~3時間ほどアイシングをやめ、痛めところを少し休ませます。これを数回繰り返します。

このアイシングにより、腫れを最小限に抑え痛みを早くひかせることができます。
二日間はこれを繰り返してください。

 

この際、「冷シップでいいんですか?」と、聞かれることがありますが、シップは冷たい感じはしますが、実際に痛めたところの温度を下げているわけではなく、シップの効果で皮膚感覚として冷感はありますが、熱を奪っているわけではないそうです。
ですから、患部を冷やす場合は氷で冷やしましょう。

 

ビニール袋に入れて簡易氷のうを作ってもいいですし、使い勝手のいいアイスバッグもあります。

 

ケガが多い方はぜひ備えて置いてください。

 

 

・圧迫、固定

捻挫をすると、たとえば足首の場合なのではガッチリ支えている靭帯(じんたい)と言う組織が壊れたりします。

足首が不安定になり、痛む方向へ動いてしまいます。それを抑えるため、また、あとあと靭帯が伸びてしまわないためにも、初期段階での固定はとても重要ですので、そのまま放置とかはしないように気をつけましょう。

・挙上

指先を切ってしまったりすると、指先に心臓があるんじゃないかというくらい指がズキズキとうずくことがありませんか?

 

そんな時、指の付け根を押さえ心臓より高くしたりしませんか?

 

炎症を起こしているケガの場合、高い位置に痛めところを置くと炎症の収まりが早くなります。

足首の捻挫なら寝ているときも足を高くするようにしてみてください(-_-)zzz

 

ご要望、ご感想を宜しくお願いします。
⇊    ⇊

ランキング参加中! 福山情報●ここをクリックお願いします!!にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

交通事故後の治療、保険治療取扱い、鍼灸治療
広島県福山市三吉町3-5-22
084-926-5722
hakoda.ss@gmail.com

●セルライト除去、むくみ、冷え性改善・ノンセル治療

●院へのアクセス
●第二駐車場へ
●事故にあわれたら
●交通事故の相談はこちら

 

 

捻挫 対処法 はコメントを受け付けていません。

四十肩・五十肩の予防法

2014年6月10日 19:11:07 | カテゴリ: 健康情報

四十肩・五十肩の予防法

四十肩・五十肩は、あるとき急に痛みが出てきます。
腕を上げようとすると、肩関節のあたりに痛みと違和感をおぼえ、上がらなくなり上方向だけでなく、前に手を伸ばしたり、洋服の袖に手を通そうとしたときなどに、痛みが起こって上がらなくなります(T_T)
初期の四十肩・五十肩なら、温水シャワーを肩にあてることによってスッと腕が上がることもあったり、もう片方の手でサポートしてやると、あまり痛みを感じずに腕が上がります。
軽症段階の四十肩・五十肩は、意識的に腕を動かすことで改善することがあるそうです。
人や症状によって効果は異なるそうですが、以下のことを試みてはどうでしょう\(^o^)/
1.2~3キロの軽めのダンベル(あるいはそれに代わるもの)を持ち、腕をだらんと下げて、振り子のようにダンベルをゆっくり前後左右に振る運動をする。
2.痛む方の腕の手首を、動くほうの手で上からつかみ、頭越しにゆっくり引っ張り上げる(痛む肩周辺を伸ばすように)。
ただし、ちょっと腕を動かすだけでも肩が痛む場合(急性)は、肩を動かさないようにしましょう。
また、症状が似ていても、ほかの病気の可能性もあるので、原因を特定し、適切な治療を受けることがもっとも大切ですよ(^O^)なので痛み、違和感を感じたら早めに診察されるとよいと思いますよ\(~o~)/

 

 

 

 

ご要望、ご感想を宜しくお願いします。
⇊    ⇊

ランキング参加中! 福山情報●ここをクリックお願いします!!にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

交通事故後の治療、保険治療取扱い、鍼灸治療
広島県福山市三吉町3-5-22
084-926-5722
hakoda.ss@gmail.com

●セルライト除去、むくみ、冷え性改善・ノンセル治療

●院へのアクセス
●第二駐車場へ
●事故にあわれたら
●交通事故の相談はこちら

 

四十肩・五十肩の予防法 はコメントを受け付けていません。